ボイトレ東京四ツ谷 | 呼吸法で発声と表現力UPヴォイス道

ボイトレ東京四ツ谷 | 呼吸法で発声と表現力UPヴォイス道

◆ 折笠マリコ  <Mariko Orikasa>

1967年2月生まれ 52歳  神奈川県出身

・シンガー
・ボイス&ボーカルトレーナー
・コアコンデショニングトレーナー
 ( JCCA認定ADVトレーナー)
・ひめトレ普及員(骨盤底筋トレーニング)
・いろは体操普及員(シニア向け体操指導)
・ラフターヨガ・リーダー

【ボイストレーナー略歴】
2010年10月 都内某ボイトレスクール認定講師として始動
2012年 4月 池袋コミュニティカレッジ講師
2013年 3月 独立、ボイス・アクション立上げ
2013年 6月 中目黒ラフタークラブ主催(2014年12月迄)
2017年 2月 ヴォイス道に屋号変更

歌好きの父に4歳から歌を教え込まれて歌を始める。
祖父は民謡と三味線の師匠であった。
小学校の時はアイドルの歌を中学でフォークソング・ニューミュージックを歌い、高校でバンドのボーカルをはじめて大学時代は部員100人規模の音楽サークルの活動に没頭し、音楽漬けの日々を過ごした。

大学卒業後、全国的にライブハウス、イベント、舞台などで歌手活動をする。
ホテルディナーショー、結婚式、企業パーティー、米軍キャンプ、ディズニーランド、読売ランド等のイベント出演、地方TV出演、ラジオ出演などを行う。

バンド活動ではソウルバーやオールディーズハウスなどで活動、ソウルナンバー・ダンスナンバーに加えてオールディーズやグループサウンズの曲を歌っていた。

またピアノトリオやソロで洋楽スタンダードナンバーを歌い、約10年間歌手活動を行なっていた。

しかし音楽活動 約10年目にバセドウ病にかかり、甲状腺の病気はホルモンバランスが崩れるため、むくみで声がれが起こりコントロールが効かなくなるため歌うことを断念。それに加え外見的な問題(バセドウ病で起こる眼球突出やむくみなど)で人前に出ることが苦痛になり、精神的なダメージが大きく3年程療養という名の引きこもりをしていた。

その後、「自ら動かなければ、何も起きない!」と気づいて社会復帰を果たす。
コールセンターや大手企業での勤務を経験しながら、自己啓発や呼吸法、食事療法、ヒーリングなどを学んだ。徐々に病状が回復し始めて体調が戻ってきたことを機にボイストレーニングに通い始める。

いくつかの有名ボイストレーニングを受け、いろいろな方法を学んだ。そうしてレッスンをやるなかで自身の教える能力に気づき、2010年に某ボイストレーニングスクールにて認定講師となりボイトレセミナー、個人レッスン、カルチャーセンター講師などを経験。

2013年3月に「ボイス・アクション」立ち上げ。
歌唱レッスンや話のレッスンもしているが、主に「声」について、発声のしくみやコントロールの仕方、いろんな声の出し方、その為の身体の使い方について解剖学や運動機能について学び研究。

また自身の声の回復の時に、精神面でのトレーニングが重要であることを実感。パフォーマンスの為のメンタルトレーニングや脳についても学び、レッスンに取り入れている。

歌唱テクニックについては、声のレッスンの段階でいろんな表現方法を実践して出来るようにし、どのように練習すればテクニックが向上するかなどをわかりやすくお伝えしている。

また、企業勤務経験から、話し方のレッスンの必要性を感じ、印象の良い声の出し方や職業別の声の出し方の指導の他、声を出して健康になる為のワークショップ、就活生向けのボイストレーニングなど、声そのもの、発声に特化した指導を行なっている。

◆◆◆~折笠マリコからメッセージ~◆◆

歌の仕事であちこち飛び回っているとき、私はボイストレーニングが嫌いでした。
歌う仕事をしているのでトレーニングをするべきだと思い、時々レッスンに行くのですがちっとも面白くない。

それに高音も苦手で上手くできないし、先生に聞いてもやり方がよくわからないので真面目にトレーニングをしていませんでした。
だからずっと自己流で歌っていました。当時は声が嗄れて出なくなることもしばしばありました。

病気になる少し前はちょうど洋楽のソウルナンバーをアーティストの真似をするように激しくシャウトしたりガナったりして、のどにかなり負担をかけながらも1日6ステージをこなしていました。幸いのどは強い方だったようでポリープになったことはないですが結局、甲状腺の病気になってしまいました。

大変だったのはその後で、甲状腺の病気でホルモンバランスの崩れや薬の副作用により声が擦れてしまっただけでなく、一時期、腹筋を100回やろうが筋肉痛にもならないほど筋肉が弛緩した状態になってしまいました。筋肉がきちんと働かない身体はもちろんしっかり歌うことなどできず、もはやどうやって歌を歌っていたか全くわからなくなってしまいました。

その時、きちんと基礎のレッスンをやっていなかったこと、また当時のメンタルの弱さゆえに歌うことが大嫌いになり歌うのをやめてしまったことをとても後悔しました。そんな経験から、私と同じように声で表現することや歌が好きな人のため、また自分の夢をあきらめないこと、続けることの大切さを伝えていく為、ボイストレーナーとしての活動に力を入れていこうと決めました。

歌うことができなくなってそこからまた歌が歌えるようになったという経験はとても辛いことでしたが、ボイストレーナーをしていく上では強みになりました。最初から苦も無く歌える人には「なぜできないかわからない」からです。自分ができない辛さをわからない先生はできないことに苛立つので、その恐怖から歌えなくなってしまった生徒さんも多いのです。

何かひとつでも自分をかけてやることはすべてに繋がっています。そして何かを続けていくことは「準備をしている」ことに繋がります。この「準備」がステキな未来を連れてきてくれるのです。何事も止めてしまわないこと、そしてうまくいったことのすべてが失敗という土台の上にあるということ。

失敗は恐れるものではありません、むしろ歓迎すべきものです。私が身を持って体験したことです。私は声のトレーニングを通して、自分が学んだことのすべてを関わった方々にすべて惜しみなく伝えていきたいと思っています。

声を出すこと、自分を表現することの楽しさ、自由に歌うことの喜びをもっともっと感じる、そのお手伝いを致します。あなたにお会いできる日を楽しみにしています。

ヴォイス道
ボイス&ボーカルトレーナー 折笠マリコ

更新日:

Copyright© ボイトレ東京四ツ谷 | 呼吸法で発声と表現力UPヴォイス道 , 2019 All Rights Reserved.